採用情報

トップページ > 採用情報 > 役員メッセージ > 社長メッセージ

社長メッセージ

代表取締役社長 荒谷悦嗣

人は何のために働くのか?自分は世の中で何をなすべきか?就職活動をしている皆さん、自問自答していますか。

人間と自然を考える

これは荒谷建設コンサルタントの変わらない企業テーマです。
私たちが便利で安全に暮らしていくのに欠かせない道路、橋、トンネルといった公共インフラは、豊かな森林や河川を切り出して設置されるものですから、いかに地球環境と調和を取っていくかが重要です。
自然に生かされていることに感謝し、「安心・安全な暮らし」と「豊かな自然環境」とが調和した地域社会を目指して公共インフラの調査・測量・設計に取り組むことが、私たち荒谷建設コンサルタントのミッションです。

SDGsとワークライフハーモニー

「人間と自然を考える」という企業テーマを追究すべく、弊社は業界の中では比較的早い時期から、私が委員長として若手メンバー を集めた「SDGs推進委員会」を社内に設置してSDGs(国連が採択した持続可能な開発目標)に取り組んでいます。
地球環境とともに弊社と従業員全員がサスティナブルであるために、SDGsのゴールを念頭に置いて業務に取り組むと同時に、他社にはないオンリーワンの職場環境づくりに取り組んでいます。
弊社が目指しているのは、「ワークライフバランス」ではなく「ワークライフハーモニー」。仕事とプライベートの調和を第一として、豊かな人生に資する働き方と職場環境のあり方を常に模索しています。

未来志向で取り組む

弊社は創業100周年を迎えた2016年に「アライズビジョン2026」をリリースしました。私が手に持っているポスターがその一部で、2026年の弊社と従業員とを取り巻く環境をイラストにした、荒谷建設コンサルタントを中心としたアライズグループの未来地図です。
ビジョンのリリースからちょうど5年経った今、既に実現したものもあれば、鋭意取り組んでいるビジョンもありますので、今般の外部環境の変化を踏まえて若手メンバーでビジョンのマイナーチェンジを行っている最中です(2021年3月現在)。
アライズグループの一員として、この未来地図を片手に未来志向で地域社会や地球環境の課題に挑んでみませんか。

アライズビジョン
アライズビジョン2026