CSR等

トップページ > CSR等 > 一般事業主行動計画

一般事業主行動計画

弊社は、次世代育成支援のための事業主行動計画を定めました。 弊社では,以前から休暇制度や育児・介護休業制度など諸制度の充実等を通じて,次代を担う子どもを育成し,あるいはこれから育成しようとする従業員に対する支援や職場における勤務環境の整備に取り組んできました。 この度の次世代育成支援対策推進法の改正を受け,弊社においてもこうしたこれまでの取組みを基礎として,この法律に基づく事業主行動計画を広く公表し、弊社の勤務環境全般にわたる改善,向上に継続的かつ積極的に取り組んでいくこととしました。

次世代育成支援対策法に基づく一般事業主行動計画

1.計画期間

平成26年4月1日から平成30年3月31日までの4年間

2.当社の行動計画の内容

目標1:育児休業を取得しやすく,職場復帰しやすい環境の整備として

男性の育児休業取得を促進するための措置として個別に働きかけを実施します
<対策>
~平成30年3月(計画の終期迄) 

教育主管部としての研修実施時や現場巡回時に、男性社員で育児休業の取得を考えている社員の情報を得る。情報があれば個別に「育児休業取得」を働きかける。


目標2:働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備として

各支社の所定外労働の削減に資する取組等情報収集し,全社への周知・対応等を図る
<対策>
~平成30年3月 

労使懇談会や勤務管理に関する説明会の場を活用して,労働環境の整備に関する各部門の取り組み状況について意見交換する。他部門においても有用と判断できる内容については,すぐに導入にむけて周知をはかり対応するものとする。優秀な人材が各部署で確保できるようになりつつあり,これを更に促進するため,パートタイマー(非正社員)から一般職群社員(正社員)への身分転換制度を積極的に活用するものとする。


目標3:その他の次世代育成支援対策に関する事項 その1

若年者に対するインターンシップ等の就業体験機会の提供を推進します
<対策>
平成26年4月~ 

これまでは主に、本社(広島地区)と四国支社で受入れていた インターンシップ受入を他部門(支社)に拡大します。


目標4:その他の次世代育成支援対策に関する事項 その2

地域において子供の健全育成のための活動等を行うNPO等への労働者の参加を支援するなど,子供・子育てに関する地域貢献活動を実施します。
<対策>
平成27年4月~ 

これまでは本社地区の子ども会や高校クラブ活動等への間接的な支援や個人としてのボランティア活動参加に留まっていたが,企業としての取組を1つ以上行う。

2017年3月13日
株式会社 荒谷建設コンサルタント
代表取締役  荒 谷 悦 嗣
 


女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画


弊社は、さらに2016年4月1日に女性が就業継続し活躍できる雇用環境の整備を行うため、以下の行動計画を策定しました。

1.計画期間

平成29年4月1日から平成32年3月31日までの3年間

2.当社の課題

技術部門の成果品作成等支援技能を持った従業員の定着と技能の普及・向上
生産現場の効率的な生産体制確立のため,雇用拡大してきたパートタイマーの方々に対して,さらに就業意欲を高め,能力を発揮してもらうため,フルタイム勤務が可能な方々を対象に「身分転換制度」を設けている。優秀な人材が各部署で確保できるようになりつつあり,これを更に促進するため,パートタイマー(非正社員)から一般職群社員(正社員)への身分転換制度を積極的に活用するものとする。また,一般職の職務範囲の拡大等に向けて基本給の上限を見直し,処遇改善を図る。

3.定量的目標

 
パートタイマーから一般職群への身分転換者を毎年最低1名は確保するものとする
 ※計画期間の3年で3名の確保を目標とする

4.取組内容

          

定量的目標に対して

・社内報に身分転換採用者の自己紹介記事等を掲載し,身分転換制度の周知を図る
・一般職者の増員に伴いコミュニケーションに関する研修等を実施し,連携力強化に繋げる


長期ビジョンに向けて

・就業環境の整備を通じて,女性技術者の就業分野の拡大を図る
・事業計画の周知・説明会を通じ長時間労働是正に対する強いメッセージを発信する


2017年3月13日
株式会社 荒谷建設コンサルタント
代表取締役  荒 谷 悦 嗣